良い時計ベルトの見極め方

時計のベルトってどうやって選ぶ?

最近の時計ブランドのメリットといっても良いでしょう。それが、時計のベルトの太さを選べるところです。メンズ腕時計であるならば、36mmくらいからが男性の腕にはフィットしておすすめなのですが、1㎜1の差であっても、腕に身に着けるものであれば、かなり見た目も存在感も変わります。そこで、最近では。
34mmや36mmはよくあるのですが、これは、女性の腕にも良い感じにフィットします。男性の腕元であれば、34~42mmのものがあり、この辺りの太さのベルトであれば、腕が細い人にもフィットしますし、42mmであれば、腕の太い男性であっても、フォーマル感を残しつつ、自分の腕にフィットした、大きすぎる感じを失くしたメンズ腕時計の良さを出すことができるので、おすすめです。
女性は34mmにすることで、女性的な華奢な分に気を出すことができるので、通常の女性的な腕を持った(骨を持った)方であれば、この太さが1番フィットして、日常対応できるのでおすすめです。ほとんどのブランドで、カラーも細かく分けてくれているので、自分の肌やファッションに合わせてベルトのカラーやデザインを合わせるのがおすすめですし、アイテムを楽しく選べます。

腕時計のベルトの種類と特徴

腕時計の顔はもちろん時計本体ですが、雰囲気やセンスを決める要因としてベルトも重要な要素です。時計本体違って、気軽にデザインチェンジができるメリットがあります。そんな腕時計のベルトですが、様々な素材が存在し、その種類によっての特性があります。まず最もオーソドックスなのが金属ベルトです。
ステンレスが最も素材として多く使われ、熱や水にも強く数十年のスパンで使えます。デメリットとしては重いという点です。それを解決してくれるのがチタンベルトです。ステンレスより更に錆や汚れに強く、軽いのが特徴です。続いて金属ベルトに並んで愛用されるのが革ベルトです。金属ベルトよりもはるかに軽く、色のバリエーションも豊富です。使っているうちに自分なりの味が出てくるのも革ベルトならではです。デメリットとしては、劣化がしやすい点があり、汗や湿気を吸収して匂ったり、カビが生えたりといったトラブルが発生する特徴もあります。
ウレタンバンドは樹脂でできたバンドです。非常に軽く、汚れにも強くて安価で買えます。ただし、経年劣化でベルトが切れたり、高級感が無いなどの特徴もあります。その他にはナイロンバンドという素材があり、カラーバリエーションが豊富でキズに強く、汚れにも丸洗いで対応できるので、使い勝手のいいベルトになります。このように、腕時計のベルトには多種多様な種類があるので、自分に合ったベルトを見つけ出して楽しみましょう。

カミーユ・フォルネは卓越した染色技術で女性向けのカラフルなベルトも作っています。 当社は素材選びからこだわっております。 時計ベルトの裏地もアルサベルという上質な子牛革を使用しています。 クロコダイルやパイソン、コードバンなどいろいろな皮革製品を取り扱っています。 柔軟性の高い革の特性を十分に生かした時計ベルトを作っています。 時計のベルトをお求めならこちらのサイトから

記事一覧

2017/08/23
自分を演出するアイテムを更新しました。
2017/08/23
快適に使い続けるポイントを更新しました。
2017/08/23
普遍的な人気アイテムを更新しました。
2017/08/23
素材ごとの状態を更新しました。